自作パソコンがあれば思い通り【故障しても取り換えできる】

パソコンの自作と費用

男性

パーツごとの価格相場

個人向けのパソコンは家電量販店からメーカー製を購入するのが一般的となっていますが、パソコン・パーツを取り扱っている店を利用すれば自作することも可能です。そのような店の多くはパーツ構成を選んで受注生産してもらうBTOパソコンも販売しており、自作パソコンよりも安い費用で高性能マシンが購入できる例も少なくありません。とは言え自作パソコンは自分でパーツを自由に選んで組み立てられる楽しみがあり、工夫次第ではBTOパソコンよりも安く済ませることも十分に可能です。このような自作パソコンの組み立てに必要なパーツとしては、心臓部となるCPUとマザーボードに加えてメモリやHDDまたはSSD,、さらにはPCケースと電源が挙げられます。これにディスプレイとキーボード・マウスを加えれば最低限のハードウェアは構成できますが、OSはDSP版をHDDやメモリなどのパーツと同時購入するのがお買い得です。それらのパーツにも性能によって大きな価格差が見られるため、自作パソコンにかかる費用もパーツの選び方に左右されます。インターネットやオフィスソフトの利用などがメインであれば、それほど高性能のパーツを必要としません。動作の重い3Dのゲームを楽しむ目的なら、CPUやメモリの強化に加えてオンボードではない専用のグラフィックボードが不可欠です。グラフィックボードも安いものでは数千円の商品が存在しますが、3Dゲームを快適に動作させるには2万円クラス以上の商品を選ぶ必要があります。動画編集やエンコードにも威力を発揮する高性能グラフィックボードを搭載する場合は、消費電力を考えて電源ユニットも800Wクラス以上を選ぶといいでしょう。そこまでの高性能を求めない場合は、低価格のパーツを集めて数万円の格安PCを自作することも可能です。20万円以上の予算がかけられる人なら、パーツにこだわり抜いた高性能の自作パソコンが実現できます。

Copyright© 2018 自作パソコンがあれば思い通り【故障しても取り換えできる】 All Rights Reserved.